ブログ

ロングテールキーワード(ニッチワード)でSEO対策すべき理由


「ビッグキーワードを狙いたい」「ロングテールキーワードを狙いたいけれど、どんな対策・戦略をとって良いか分からない」今回は、ビッグキーワードのSEO対策についてと、ロングテールキーワード(ニッチワード)攻略のメリットを紹介していきます。

ビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードとは?

SEO対策に取り組む前に、ビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードについて知っておく必要がありますので、これらのワードについて説明していきます。

ビッグキーワード

ビッグキーワードとは、検索される回数が多いキーワードのことを指します。ビッグキーワードで上位表示できれば多くのアクセスを見込むことができますが、競合相手が多いのも事実です。

競合相手は業界大手の大企業のケースも多いでしょう。つまり、SEO対策の難易度が非常に高いので、ビッグキーワードに他のキーワードも組み合わせて使うことをおススメします。

ミドルキーワード

ミドルには「間」や「中間」という意味があります。つまりミドルキーワードとは、ビッグキーワードとスモールキーワードの間という意味になり、検索数もビッグキーワードほどではないとはいえ、ある程度は期待できるキーワードです。

競合相手もほどほどで、検索数もある程度ありますので、大規模なサイトではなくても検索上位に表示されやすく人気があるキーワードになります。

スモールキーワード

スモールキーワードとは、検索数も少ないキーワードのことですが、競合相手も少ないです。ニッチキーワードとも呼ばれます。

「スモールキーワードを使うことなんてないのでは?」と思われるかもしれませんが、ビッグキーワードと組み合わせて使うことで検索上位に表示されたり、競合相手が少ないのでメリットがあります。

ビッグキーワードで上位表示させる方法

ビッグキーワードは検索回数が多いキーワードですし、誰もが使いたいキーワードです。競合相手も多いのでSEOで上位表示させるのは難しくなりますが、その中でもビッグキーワードでも上位表示されているサイトもあります。

では、どうすればビッグキーワードを上位表示させることができるのでしょうか。それは、ビッグキーワード単体ではなく、ビッグキーワードから連想されるユーザーが欲しているキーワードを網羅し、深堀りして充実させることで上位表示されます。

また、キーワード出現率や外部リンクの数が重要になります。例えば、カードローンというビッグキーワードの場合、カードローンだけでは当然上位表示されません。しかし、カードローンとユーザーの欲するキーワードに関するコンテンツやページ数を揃えるのです。

カードローンと繋がりのあるキーワードを網羅してサイトに組み込むと良いでしょう。より深く掘り下げた内容にすることで、ビッグキーワードでも上位表示されるようになります。

ロングテールキーワードを狙う有効性

ビッグキーワードを上位表示させる方法はわかっていても、実際やってみると非常に難しい仕事です。ビッグワードだけを狙っていくことには上位表示させる成功率が低いというリスクがあることを理解して置く必要があります。

ビッグワードだけを狙う危険性

インターネット集客を取り組みたい企業様の中には「オーガニック検索からのアクセスを増やすために、ビッグワードを狙おう!」と考える方もいますが、この考え方は非常に危険です。

なぜならビッグワードを上位表示させるには時間がかかりますし、開設してすぐのサイトであればドメインが弱いため、上位表示はほぼ無理と言っても言い過ぎではありません。キーワードにもよりますが、ビッグワードを攻略したいのなら高度なスキルをもった専任スタッフが何人も必要になるため、数千万円から数億円単位の予算もかかります。

ビッグワードでの上位表示は、どの企業も欲しいワードです。予算が潤沢にある上場企業と競合するのはあまりおススメはできません。そのため弊社では、徐々に流入を増やすためには、検索ボリュームのバランス良く取り組んでいくことを推奨しています。

ロングテールキーワードの有効性

流入を増やすための施策として、ロングテールキーワードを狙っていくことが有効です。ロングテールキーワードとは、複数のキーワードの組み合わせで構成された、検索キーワードを意味します。

ロングテールでのSEO対策とは、検索ボリュームが少ないキーワードを狙っていき、一つ一つの流入は少ないものの多くのページで上位表示させることがで多くの流入を獲得するといったものです。

例えば「マッサージ+地名」というような地域軸でのキーワードはニーズの顕在度が高いですし、上位表示のハードルはあまり高くないでしょう。

ロングテールキーワードはビッグキーワードに比べて上位表示させる難易度は低いですし、比較的時間もかかりません。ですので、上位表示させるコンテンツを増やすことに注力し、ロングテールキーワードを狙うことも効果的です。

⇒オウンドメディア運営コンサル・運営代行のお問い合わせはコチラから

まとめ

SEO対策をするには、ビッグキーワードやミドルキーワード、スモールキーワードといったロングテールキーワードをうまく使いこなさなくてはなりません。ミドルキーワードが一番やりやすいからとミドルキーワードばかりで攻めていても、作っているサイトによっては成果が上がらないことがあります。

だからと言って、検索されやすいビッグキーワードで上位表示させるのは難しくなります。検索上位に表示させるために、ビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードといったロングテールキーワードのそれぞれの特徴をうまく利用し、SEO対策をしていくことが大切です。